カードローン先生が優しくしっかり相談に乗ります

カードローン先生は明るく正しく消費者金融を利用する方について解説する仕事をしています。今日も「お金を借りたいけどどうすればいいの?」という悩みを抱える青年・一郎君に出会いました。


●初めてのカードローンなら

 illust4186thumbカードローンにしようかな?あ、キャッシングっていうのもあるよな。
ん?どっちもよくCMとかで見かける消費者金融がやっているな。あれ?
おや?一郎君、どうしました?何かお困りですか?illust3805thumb
illust4180thumbあ!カードローン先生、良い所に!実はちょっとお金に困っちゃって、お金を借りたいと思ったのですが…。
カードローンとキャッシングの違いが分からなくなって、良かったらアドバイスいただけませんか?
illust3809thumbなるほど、なるほど。それは、多くの人が混乱することですね。
ところで一郎君はどうしてお金が必要なのか聞いても良いですか?
目的と必要性を明確にするのは、カードローンとキャッシングの違いより先に考えるべき事ですよ
illust4198thumbそっか!えっと、今月親友の結婚式があってケチな真似は出来ないので5万円包もうと思っていたのに、趣味で乗っているバイクで事故に遭ってしまって。
通院費とか修理代とか保険金をもらえるまではマイナスだし、仕事を休んだ分来月の給料は安くなってしまうからお金がカツカツで…。
それはまた…。怒涛illust3803thumbのアンラッキーでしたね。ご無事で何よりでした。
では一郎君はいくら必要で、いくらお金を借りる予定だったのでしょうか?
illust4176thumbえーっと、とりあえず病院代と修理代は今すぐ必要なお金なので合わせて10万円ぐらい借りたいなと思っていました。でも、そういや結婚式に着ていくスーツもそろそろ買い替えようかなと思っていたので、15万円借りてスーツも新調しようかなって…。
illust3801thumbやめなさい!
病院代とバイクの修理費は保険がおりたら確実に返ってくるお金なので、
一時的に借り入れするというのは問題ありません。
しかし「どうせカードローンで借りるなら少し多く借りて、ちょっと贅沢しようかな?」
というのは破滅への第一歩ですよ!
もちろん、本当に買い替える必要がある場合のなら構いませんが。
illust4194thumbうっ…。すみません。買い替える必要は特にないのです。
親友の結婚式なら同年代の女の子が集まるから、ちょっとでも良いスーツ着て行って未来の嫁さん探しをしようと思っただけでした。
ありがとうございます。先生に相談しなかったらカードローンの使い方を間違えるところでした。
illust4194thumb2ところで先生!僕の後輩もちょっとお金に困っているみたいなので、もし良かったら相談に乗ってやってくれませんか?
アイツらも僕と同じですぐ調子に乗っちゃう性格なので心配で。
illust3809thumb もちろん構いませんよ。それでは一人一人のご相談に乗っていきましょう。
このサイトをご覧の皆さんもご自身のお悩みに近い子のページをご覧になってみてくださいね。

審査に不安がある太郎君
すぐにお金を借りたい次郎君
金利にこだわりたい花子さん
おまとめローンも検討したい三郎君

カードローン利用の流れ

カードローンご利用の流れをフロー式で紹介しつつ、注意点やミスしやすいポイントなども併せて紹介しています。


○まずはカードローンに申し込みをしよう

申込方法は大きく分けて以下の3つです。

申込書イラスト・インターネットから
・スマホ/携帯電話から
・書類を郵送する

カードローンに限らず借入の申し込みは、インターネットやスマホなどからの申し込みが今では圧倒的に多いです。何よりWebからの申し込みですと即日審査だけでなく即日融資も可能になるので、今すぐお金を借りたいという人はインターネットかスマートフォンなどから申し込みましょう。
ただし、いくら急いでいても記入漏れや誤変換などは命取りです。パソコンからの入力であれば誤字脱字などの心配はほとんどないでしょうけれど、その安心感から来る誤変換や必要項目の記入漏れなどが見られます。念には念を入れて「どこか間違えているに違いない」くらいの思いで確認してください。


○審査結果が出るのをまとう

郵送ならば書類が消費者金融や銀行についてから審査が始まりますので、運が悪いと1週間くらいかかってしまうこともあります。インターネットからの場合は営業受付時間内であれば、概ねその日の内に結果が出て連絡が来ます。

busi_1_r2_c32 が、電話は2回ほどかかってくることもあります。例えば、上記のように誤変換や記入漏れなどがあった場合には確認の電話がかかってきます。またあなたの収入額に対する希望金額が「貸せるか貸せないかギリギリ」というラインだった場合などにも電話がかかってくることがあります。最近では電話連絡等一切なしで、メールなどPC上のやり取りだけで済ませることが可能なサービスを始めている金融機関も増えてきています。
どちらにしてもきちんと応対できるよう、カードローンに申し込む時は時間に余裕のある時に申し込みされることをオススメします。

○契約手続きを完了させよう

契約書郵送イメージ審査というのはあなたにお金を貸しても平気かどうかを確認・判断するために行うもので、審査通過=契約完了というわけではありません。契約書を郵送したりされたりするので多少時間がかかる場合もあります。

この時の注意点としては、振り込み方法と返済方法です。振込先の銀行口座をご家族に見られる可能性がある方の場合は注意が必要です。また返済方法を銀行振り込みなどにする場合(ネット銀行などではない場合)、カードローン専用カードや契約カードというカードを使う必要のある場合があります。このカードをご家族に見られてバレてしまう人も多いです。しかしそういったことを希望すればQRコードを利用した会員証での手続きが出来るようになっています。


○振り込み完了

契約完了してからようやくお金があなたの口座に振り込まれます。カードローンは審査通過したらすぐに振り込んでもらえると思い違いをされている方がたまにいらっしゃいますので、この点は注意してくださいね。銀行振り込みなのでその日の14時か15時までに間に合わないとどちらにせよ振り込みが難しい場合がほとんどなのでご注意ください。


○例外として
最近では少なくなってしまいましたが、店頭申し込み・貸付を行っている金融機関や、電話での受付も行っているところもあります。店頭貸付の場合は需要が少なく(誰かに見られたら嫌だという心理が働きやすいようです)、電話での場合は本人確認が難しい上に時間がかかりやすいという理由であまり行われていないようですね。